シャトレーゼの乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイスの気になるお味は?

スポンサーリンク

日本全国にお店があるシャトレーゼ。
ケーキだけでなく焼菓子や和菓子、アイスも沢山販売していますが
アレルギーにも対応したケーキとアイスも販売しています。

年々暑さが厳しくなりますが、
これだけ暑いとやはりアイスが恋しくなりますね。
けれども乳アレルギーや卵アレルギーがあると食べられるアイスも限られてきてしまい、
うちの次女のようにかき氷やシャーベットしか食べられないという人もいます。

そんなアレルギーがある人でも食べられるのが
「乳と卵と小麦粉を使っていない美味しいアイス」です。


今回はシャトレーゼで販売されている
「乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイス」をご紹介します。

スポンサーリンク

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイスとは?

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイスは
シャトレーゼで販売しているアレルギー対応のアイスクリームです。

アレルギーで悩んでいる人のために
牛乳の代わりに豆乳、
卵の代わりに大豆、
小麦の代わりに米粉を使って作られています。

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイス

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイスを食べた感想は?

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイス、
我が家でも購入して食べてみました。

豆乳シャーベットというような感じで口当たりなめらかなアイスです。
スプーンを入れた感覚は
他社アイスで例えるなら「昔なつかしアイスクリン」のような
サクッ、シャリっとすくえる感じで、細かな氷の粒感が爽やかです。

味は特に豆乳臭い感じもなく、バニラがほんのりと香ってて、
とても食べやすいアイスだと思います。

乳アレルギーっ子の次女もこれはお気に入りのようで
ペロリと1カップ食べてしまいます…。

食べる次女

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイスの原材料は?

残念ながら「乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイス」の原材料情報は
公式オンラインショップ上と小分けのカップには掲載されていませんでした。
4カップ売りの商品なので外装袋に掲載されているか確認します。

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイスのアレルゲンは?

「乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイス」は
牛乳の代わりに豆乳、卵の代わりに大豆を使用しているため、
アレルゲンとして大豆を含んでいます。

この製品の製造ラインでは乳、卵、小麦を使用した商品も製造されていますが、
アレルゲン検査を行って出荷しているとのことです。
(シャトレーゼ公式オンラインショップ参照)

しーみゅー
しーみゅー

アレルゲン検査を行って出荷しているということは、
コンタミネーションもOKってことなのかな?
そうだとしたら強いアレルギーがある人でも
安心できそうな気がするね。

乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイスはどこで売ってる?

「乳と卵と小麦粉を使用していないおいしいアイス」はシャトレーゼの商品です。
そのため、全国のシャトレーゼのお店に置いてあります。
シャトレーゼのオンラインショップでも取り扱いされています。

お値段は4個入りで税込み237円。
カップ1つあたり60円ほどのお値段です。


少し小さめですが
今までバニラアイスを食べることができなかったアレルギーっ子には嬉しい商品です。

まとめ

シャトレーゼの「乳と卵と小麦粉を使用していない」シリーズの商品は、
アイスだけではなくケーキもあります。
乳アレルギーでも食べられるケーキの記事で
ご紹介させていただいているデコレーションケーキ以外に、
シンプルなカットケーキも冷凍販売されていました。

乳アレルギーがあるとバターや生クリームが食べられないため、
特にケーキ屋さんの洋菓子は食べられる商品が少ないです。

シャトレーゼでは
アレルギーのある人でも笑顔でケーキを食べられるようにという願いを込めて
アレルギー対応の商品を開発し始めたそうです。
(シャトレーゼアレルギー対応商品開発秘話より)

我が家でもパパと長女がアイスを食べている姿をじーーーっとみつめる
次女の姿を何度も見てきたのでこのような商品はとても嬉しいです。

家族みんなで食べられるアイスというのはとても嬉しいですね。
暑い夏も家族みんなでアイスを食べながら乗り切りたいと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました